プロ野球PRESSBACK NUMBER

母の声援、身重の妻、そして甲子園。
トライアウト、23歳の夢のマウンド。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/11/15 11:30

母の声援、身重の妻、そして甲子園。トライアウト、23歳の夢のマウンド。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

トライアウトで熱投を見せた前中日・西川健太郎。NPBだけでなく、幅広く活躍の場を考えて「待つ」という。

西川は、ユニフォームを脱ぐには早すぎる!

 トライアウト参加者に興味を持った球団からの連絡は、原則的に1週間以内に来ることになっている。

 プロ野球で成功するには当たり前だが、才能と努力が必要だ。結果を生むのが才能であり、それを継続させるために必要なのが努力だと思っている。だから、そもそも才能がなければ、たった1つの勝利でも掴むことはできない。

 少なくとも西川には才能はあった。あとは努力の仕方だった。

 それを新天地で学べば、何かが変わる可能性は秘めている。

 だから、思う。ユニフォームを脱いでしまうにはまだ早すぎる。西川は吉報を信じて、翌日もナゴヤ球場を訪れて体を動かした。

「あと、僕に出来ることは待つだけ。手を合わせて、祈りながら待ちます」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西川健太郎
近田怜王
中日ドラゴンズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ