プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“仕掛けずバント”の広島は怖くない。
崖っぷちの今こそ赤ヘル野球を貫け。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/10/28 13:25

“仕掛けずバント”の広島は怖くない。崖っぷちの今こそ赤ヘル野球を貫け。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

シーズンで2位を100点近く引き離した広島の得点力は、大胆な攻撃があればこそだったはずだ。本拠地での復活に期待したい。

本拠地の応援を背に、いつもの赤ヘル野球を。

 逆に第4戦では、シーズンで3度しか送りバントをしたことのない鈴木にバントのサインを出したが見落とすなど、普段と違う野球が選手を混乱させているようにも見えるのだ。

 もちろん短期決戦は守りの勝負。攻撃も1点、1点、手堅く追加点を奪っていくというのが定石かもしれない。ただ、その定石にとらわれ過ぎて「自分たちの野球」を見失っては、これもまた決して日本一には手が届かないのではないだろうか。

「地元に帰ってもう1回ね。再度踏ん張らないとね。もう1回勝って繋げていかないと。その気持ちで……」

 土俵際に追い込まれた指揮官は、こうマツダスタジアムでの反撃を誓った。

 そこにはいつも通りの熱狂的な応援がある。だからこそそこでは再び、いつも通りの赤ヘル野球が見たい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
広島東洋カープ
緒方孝市

プロ野球の前後のコラム

ページトップ