マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

引退したスカウトがドラフトを語る。
「もう球場には行ったらいかん」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2016/10/20 07:00

引退したスカウトがドラフトを語る。「もう球場には行ったらいかん」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

華やかなプロ野球の世界を離れたスカウトの目に、ドラフトやペナントレースはどんな風に映るのだろうか。

田中正義は高校生でセンターだった頃から見ている。

 聞いてちょっとびっくりしたのは、今年のドラフトの目玉の1人、創価大・田中正義のことは高校時から見て知っているという。

「センター守って、神宮のレフト上段にホームラン打ってましたよ。それから何年かして、創価大にすごいピッチャーが出てきたっていうんで、エースだった池田(隆英)のほうかと思ったんですよ。そうしたら、あのセンターのほうだっていうでしょ……」

 田中正義が3年生の昨年まで、鈴木さんはずっと追い続けた。

「気になりますよねぇ、どこが獲るのか。彼に合った指導者のいるチームに決まってほしいですけどね……」

 そう言いながら、どこか乾いた感じの口調になっている。

「近くで大会があったりするでしょ。たとえば、今年の夏なんか、みんな言うんですよ、近所の人が、『行かんの?』って。行きたいですよね、見てきたヤツばっかりなんですから、出てる選手は。でもねぇ……」

 いつもはっきりしたもの言いで語る鈴木さんが、珍しく口ごもった言い方になった。

後任のスカウトに遠慮して、球場へは行かない。

「後任が来てると思うとねぇ」

 鈴木さんの後任の中国・四国担当には、スカウト1年生の若いスカウトが任命されていた。

「私が見に行って、そのスカウトがどう感じるかな、と思うとね。自分だけじゃ頼りないので、球団が鈴木にフォローさせてるんじゃないか……とか、そんなふうに思われてもね。やっぱりいったんスカウトが退いたら、もう球場には行ったらいかんのと違いますかねぇ」

 去年までだったら、1年のほとんどを出張で家を空けていた鈴木さんだから、退団するにあたっては、ちょっとした心配もあった。

「都会に住んでるんなら退屈もせんけども、田舎に引っ込んで、そこで新しい生きがいが見つけられるんだろうか。あるとすれば、なんだろう? けっこう、考えたもんですよ」

【次ページ】 趣味で始めた家庭菜園も、つい野球に喩えて……。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ロッテマリーンズ
鈴木皖武
田中正義

プロ野球の前後のコラム

ページトップ