Number ExBACK NUMBER

スポーツメーカーが考える五輪の未来。
リオの子どもたちに贈った22の公園。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/08/26 11:40

スポーツメーカーが考える五輪の未来。リオの子どもたちに贈った22の公園。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

エンカンタードに出来た大型公園の壁画は、地元アーティストのケイジャマンが手掛けた。

「製品だけでなく、私たちの情熱も届けたい」

 ナイキ・ブラジルのコミュニケーション・ディレクター、アリス・ギズモンティはこう強調する。

「私たちは、エンカンタードの子どもたちに、試合の観客としてだけでなく、オリンピックが終わったあとも、スポーツに参加し、楽しんでいってもらいたいんです。そして、その場所にナイキの製品や道具を提供するだけでなく、私たちの情熱も届けたい」

 できるだけ若いときに身体を動かす習慣を身につけて欲しい、ナイキのその想いはひときわ大きい。リオ・オリンピックはこれまでにないきっかけとなるのだ。

 ナイキが2週間のオリンピックで得た目に見える功績とは別に、この22の“オリンピック・ビレッジ”が生み出す価値は、数字では表せない、時代を超えて世の中に影響していくものになるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
ナイキ
カール・ルイス
ティンカー・ハットフィールド
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ