リオ五輪PRESSBACK NUMBER

女子バレー、細部に神は宿らず。
世界に届かなかった「4つの点」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/17 14:40

女子バレー、細部に神は宿らず。世界に届かなかった「4つの点」。<Number Web> photograph by JMPA

「目標は達成できませんでしたが、仲間の思いも込めて全員で戦えたので、良かったなあとは思います」と木村はコメント。

味わった苦さを糧に、道を開くしかない。

 日本が完敗したプールAのチームすべてが、準々決勝で姿を消した。その事実からしても、世界一への道は容易ではない。

 選手もそれは理解している。

 アメリカ戦で好スパイクを見せた石井優希は、強い自負を表に出した。

「自分が引っ張っていくつもりで、もっと強い気持ちを持たないといけないと思います」

 セッターとして初戦から苦しみ続けた宮下遥は、今後への決意をみなぎらせた。

「つなげていかないと意味がないので、経験できてよかったで終わらせず、挑戦したいと思います」

 初めての大舞台を踏んだ選手も多い。若い世代の選手もいる。

 味わった苦さを糧に。その思いがあれば、道が開けないわけではない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

眞鍋政義
石井優希
宮下遥
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ