マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園を“日常感”で戦った大曲工。
日頃の練習を出し切った満面の笑顔。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/08/17 07:00

甲子園を“日常感”で戦った大曲工。日頃の練習を出し切った満面の笑顔。<Number Web> photograph by Kyodo News

大曲工業は、全校生徒415人のうち62人が野球部員。夏は初出場だが、強豪を相手に堂々たる戦いを見せた。

高橋の硬い表情と、藤井の満面の笑顔の理由は。

 しかし、試合後の2人。

 出し切れなかった高橋昂也の硬い表情と、出し切った藤井黎来の透明な汗を噴出させた満面の笑顔。

 確かに“立場”の違いは大きかったかもしれないが、共に高校球児という共通の立場で考えれば、これだけの違いがなぜ現れなければならないのか。

 勝者は勝者であり、勝者が敗者を装うことはない。

 持てる力をすべて発揮して、尚、力及ばず。

 スコアボードを眺めれば、スコアは6-1で花咲徳栄の勝利を示しているが、日頃の練習で積み上げてきたことをどれだけ体現できたのか、どれだけ試すことができたのか。それを表記してくれる“もう1つのスコアボード”があったとしたら、この試合のスコアはもしかしたら逆になっていたのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
高橋昂也
花咲徳栄高校
大曲工業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ