フットボール“新語録”BACK NUMBER

世界を駆けるFIFAコンサルタント。
杉原海太の言葉でJの制度を考える。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byShinya Kizaki

posted2016/06/01 10:30

世界を駆けるFIFAコンサルタント。杉原海太の言葉でJの制度を考える。<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

FIFAコンサルタントは、世界に10人前後しかいない。日本人はもちろん杉原海太1人だ。

攻めのクラブ経営を推奨する制度がJには必要。

 ただし、飴という点ではどうだろうか。

 ヨーロッパではリーグが成熟しており、投資マネーが集まりすぎるため、健全な競争を保つために「規制」をかけた方がいいだろう。一方、アフリカ、アジア、北中米では状況が違う。

 Jリーグの状況も、まだまだ後者に含まれる。マーケティング担当者向けのセミナーといった飴が、もっと必要ではないだろうか。リーグ主導で年に1回、共同プロモーションを行うことを義務付けてもいい。とにかく今必要なのは、攻めのクラブ経営を推奨するような制度だ。

 クラブライセンス制度は、FIFAやAFCのガイドラインに即している限りは、各国が自由に運用していい。2013年に始めた制度をアンタッチャブルにせず、成功と失敗を繰り返しながら、どんどん現状に合ったものに改定すべきだと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
杉原海太

海外サッカーの前後の記事

ページトップ