Number ExBACK NUMBER

最近の白鵬の相撲を丁寧に批判する。
能町みね子が「最強」に望むこと。 

text by

能町みね子

能町みね子Mineko Nomachi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/05/20 07:00

最近の白鵬の相撲を丁寧に批判する。能町みね子が「最強」に望むこと。<Number Web> photograph by Kyodo News

勢の顔に向かって飛ぶ白鵬の右肘。肩であたる「カチ上げ」とはやはり違うと言わざるをえない。

右肘のサポーターは「肘打ち」用?

 ちなみに、白鵬は最近、右肘にサポーターを巻いている。普通に考えれば右肘が悪いはずなのですが、その右肘を振りかぶるようにして思いきり顔にぶつけていきます。とても肘が悪いとは思えない。このサポーターは、はなから肘という「武器」の保護材なのではないだろうか。ケガが理由ではない可能性が高いので外すべきだと思います。

 ダメ押しについては言うまでもありません。力を抜いた相手にとっては危険だし、白黒ついたあとは心を鎮め礼をして終わるのが相撲の美しさなのに、勝負以外で突くのは八つ当たりのようで単純に見苦しい。横綱以外でも許されないのだから、頂点に立つ横綱ならば執拗に批判されて当然です。

問題の根源は、単純に白鵬のイラつきなのでは。

 さて、白鵬の相撲内容の批判はここまでですが、なぜ白鵬が最近多くの批判を浴びるような行為に及んでしまうのかについても、言及してみたい。私は、単純に白鵬が現在の状況にイラついているからではないかと思うのです。

 大相撲の人気低迷期に最強の座を維持しながら、最近の人気上昇についてさほど功績を讃えられないどころか、毎場所のようにダメ押しやマナーについて批判されること。いくら勝っても褒められず、土俵上ではかなりの頻度で対戦相手の応援コールが起こること。そのコールも、相手を応援しているというよりも、実質的には白鵬への「負けろコール」であること(マナーの悪い客が、白鵬が負けたときに館内に万歳三唱を唆したこともあった)。

 そして何より、モンゴル初の五輪メダリストという国民的英雄の父を持つためか、日本に帰化していず、内弟子まで取りながら国籍条項によって親方になれる保証がいまだにないこと。不満が溜まって当然です。

 この状況は同情すべきことだし、このまま協会が白鵬の将来を一切約束せず、優勝回数史上一位という実績を残した横綱が引退となった際に「親方資格なし」として冷淡に放り出すとなれば、それは非常に憂慮すべき事態です。

 しかし、それはそれとして、上記のような土俵上での横綱らしからぬふるまいは許容できない。これだけ客からの不興を買っている以上、同じようなふるまいを続けていては各方面にも悪印象を残すばかりで、力士人生が悲劇的な結末を迎えてしまう。

 私は、現役最強の力士は常に好きでいたい。私が大相撲を見始めてからの「最強」の系譜――小錦、曙、貴乃花、武蔵丸、朝青龍については現役当時、いずれも時にはその強さにゾッとしながら、ほれぼれと相撲を眺めていました。

 白鵬は今もなお現役最強であることは間違いありません。最強の座に鎮座する人による、奇策を弄しない、そして制裁のような肉体的ダメージを与えない、ほれぼれするような相撲を期待しているのに、それが頻繁に裏切られる。だから私はいつも批判ばかりしてしまうのです。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

白鵬
能町みね子

相撲の前後のコラム

ページトップ