球道雑記BACK NUMBER

ロッテドラ1平沢大河、二軍で成長中。
強打者の系譜が見える打撃の才能。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/04/08 10:40

ロッテドラ1平沢大河、二軍で成長中。強打者の系譜が見える打撃の才能。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

4月3日の楽天戦に引き続き、5日のチャレンジリーグ・フューチャーズ戦でも2試合連続となる本塁打を放った。

二軍降格時の言葉に見えた芯の強さ。

 平沢の打撃センスに関しても大村コーチはこう話す。

「対応力、アジャストする能力(修正力)とか、次の打席はこう行くぞとか、そういうものは全て揃っているので、今言った(3~4年)よりも出てくるのは、早いかもしれない」

 けれど、そうした声に平沢はけっして浮かれることはない。

 彼の発したこんな言葉がふと、頭をよぎった。一軍から降格し、ファーム行きを命じられた当時の自分について語ったときの言葉だ。

「そういうところも野球人として肌で感じていかなければいけないと思います。自分の立ち位置を自分で感じていかなきゃいけない」

 メディアで騒がれようが、周囲がなんと言おうが、自分の立ち位置は常に見失わない。そこに彼の芯の強さを感じる。

 話題性だけでは終わらない。真のスーパースターへ――。

 今はその第一歩を、彼は踏み出したばかりである。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
平沢大河
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ