サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-22の“秘密兵器”が遂に登場か。
川崎・中野嘉大がA代表DFを翻弄! 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/10/06 10:30

U-22の“秘密兵器”が遂に登場か。川崎・中野嘉大がA代表DFを翻弄!<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

いまだ代表歴はない中野嘉大だが、川崎で風間イズムの薫陶を受け、飛躍的な成長を見せている。

U-22代表入りも見えてきた?

 また話からは、非常に練習熱心で真面目にサッカーに取り組む姿勢が伝わってきた。中野はガンバ戦で活躍できた理由を「相手どうこうじゃなくて練習でやれたことを試合でしっかり出来たことの方が大きいです」と、あくまでも練習の成果であることを強調した。試合は練習でできたプレーしか出せないと考え、練習を大事にする。そうした姿勢や意識に今後の伸びしろを感じる。

 ただ、もちろん課題はある。時々ボールを簡単に奪われてカウンターを受けたり、まだ90分戦う体力も心もとない。周囲をうまく使えばより自分も生きるシーンもあったが、そうしたことは試合に出続けることで解消されていくだろう。そしてこれだけの素材であれば、今後の活躍次第ではリオ五輪出場を狙うU-22日本代表入りも見えてくる。

 現在のU-22代表には浅野拓磨や野津田岳人、前田直輝らスピード系のアタッカーが多く、売出し中の鎌田大地や主軸の中島翔哉とも中野はタイプが異なる。また、リオ五輪最終予選での対アジア戦を考えると、中野のドリブルが非常に大きな武器になるだろう。中野自身もリオを強く意識している。

「リオ五輪は、もちろん行きたいです。今まで代表に全然縁がなかったですし、今はまだそのレベルにはなっていないですけど、フロンターレですごくレベルの高い中で練習をさせてもらっている。そこで出続けることで(リオ五輪に)つながると思うんで、結果を出してリオに行きたいです」

すでに大島との相性はバッチリ。

 これからもっとプレーを見てみたいと思うが、Jリーグが残り4試合というのがなんとも残念でならない。だが、この活躍のインパクトはU-22日本代表・手倉森誠監督の耳にも届いているはずだ。U-22日本代表の主力である大島僚太とも息が合っており、今チームにパッと入っても「違い」を見せてくれるだろう。メディアとの受け答えもまだ初々しさが残り、プレーもフレッシュだ。

 最近、やや停滞気味のU-22日本代表だけに中野を“秘密兵器”として起用してみる価値は大いにある。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
中野嘉大
川崎フロンターレ
米倉恒貴
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ