ラグビーPRESSBACK NUMBER

なぜ巨人・南アを日本の小兵が倒せた?
ラグビーW杯の“80分間すべて奇襲”! 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/09/21 12:00

なぜ巨人・南アを日本の小兵が倒せた?ラグビーW杯の“80分間すべて奇襲”!<Number Web> photograph by Getty Images

1トライ2ゴール5PGを決めた五郎丸歩。「歴史を1つ変えたが、この先もっと大きなものを変えてから帰国したい」

スポーツ史上屈指のジャイアントキリングか。

 29-29で迎えた72分、南アは目の前のPGを狙う安全策を選んだ。

 その8分後、相手ゴール前でPKを得た日本は、南ア相手でも同点のPGを狙わず、逆転を求めて攻めた。

 そして82分、途中出場でピッチに入ったばかりのWTBカーン・ヘスケスがインゴール左隅に突き刺さった。

 ブライトンのコミュニティスタジアムを埋めた3万人の観衆が熱狂する。

「ワールドカップには勝ちに来たので、同点のPGを狙うという頭はなかった」とリーチ マイケル主将は言った。

 世界ラグビー史上、いや、世界のスポーツ史上でも屈指のジャイアントキリングは、こうして完結したのだった。

関連記事

BACK 1 2 3
エディー・ジョーンズ
ヴィクター・マットフィールド
スカルク・バーガー
リーチ マイケル
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ