野球善哉BACK NUMBER

100周年の優勝投手・小笠原慎之介。
「今まで野球は楽しくなかったけど」 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/20 19:40

100周年の優勝投手・小笠原慎之介。「今まで野球は楽しくなかったけど」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

先発して161球を投げ抜き完投した小笠原と捕手の長倉。門馬監督も「(小笠原の本塁打は)私も驚きました」と手放しで喜びを表現していた。

「最後は悔いを残したくなかったので――」

 門馬監督は試合後、小笠原をねぎらいこんなコメントをしている。

「最後、彼にどのような言葉を残したのか、細かくは覚えていないのですが……全力で行けと言ったのだと思います。今日に関しては何も言うことはありません。小笠原が反省するところは何もありません」

 自ら欲を捨て我慢を続けたことで、最後の最後になってたどり着いた到達点。チームメイトと同じように勝利に徹する中で、自分の「個」をいかに出していくかを見つけた。

「最後は悔いを残したくなかったので、全力で行きました。今まで野球をやってきて楽しくなかったけど、今日は楽しかったです。優勝の瞬間は、本当にうれしかったです。うれしすぎて涙が出ません。優勝投手になれたことは、死ぬまで忘れられません」

 100周年大会の優勝投手・小笠原慎之介は、そういって、白い歯を見せた。

関連記事

BACK 1 2 3
小笠原慎之介
仙台育英高校
東海大相模高校

高校野球の前後の記事

ページトップ