ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

ライトヘビー級王者が描く、内側から見たボクシング。
~『カシアス・クレイ』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/08/13 10:30

ライトヘビー級王者が描く、内側から見たボクシング。~『カシアス・クレイ』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『カシアス・クレイ』ホセ・トレス著 和田俊訳 朝日新聞社(現在絶版)

 左フックがアリのあごに決った。アリはそれが決るのを見ていた。アリの首が左側に折れた。百万匹の蟻がアリの身体に入っていく。蟻は入るや否や、身体から抜け出していく。アリは自分の足が崩折れていくのに気が付かない。倒れた。関節は意識ではなく、ただ神経だけで動いている。一秒間が過ぎた…短縮引用だが、迫力ある素晴らしい描写の一端は分かるだろう。1971年3月のモハメド・アリ対フレイザー戦。書いたのは引退後ボクシング記者に転身した元ライトヘビー級チャンピオンのホセ・トレス。膨大な数のアリの評伝、伝記の中で特異な光を放つ本書はチャンピオンがチャンピオンの試合を詳述した稀有の一冊だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

夏の甲子園 百年の青春。

Sports Graphic Number 883

夏の甲子園 百年の青春。

 

関連記事

モハメド・アリ
ホセ・トレス

他競技の前後の記事

ページトップ