SCORE CARDBACK NUMBER

日本人初の王座に就いた浜崎朱加の勝因を探る。
~女子総合格闘技・世界No.1に~

posted2015/08/12 10:30

 
日本人初の王座に就いた浜崎朱加の勝因を探る。~女子総合格闘技・世界No.1に~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

会見でチャンピオンベルトを披露する浜崎。防衛戦は未定で「今は海に行きたい(笑)」。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 これを快挙と呼ばずに何と呼ぼうか。『Invicta FC13』(7月9日・ラスベガス)で、浜崎朱加(AACC)がエリカ・チブリシオ(ブラジル)が保持するInvicta FCアトム級(47.6kg以下)王座に挑戦し、2―1の判定で王座奪取に成功した。

 '12年4月にスタートしたアメリカ唯一の女子MMAプロモーションで日本人選手が王者になったのは初めての出来事だ。5分5ラウンドという長丁場だけではなく、これまで一つ上のストロー級を主戦場にしてきた彼女にとってアトム級での闘いは今回が初めて。しかも、試合開始早々にエリカのフロントチョークで窮地に追い込まれてしまう。浜崎は苦しかったと振り返る。「でも、相手の力が抜けた時にうまく抜くことができて良かった」。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

浜崎朱加
MMA

格闘技の前後のコラム

ページトップ