サムライブルーの原材料BACK NUMBER

名クロッサー・佐藤由紀彦が解説する、
FC東京・太田宏介のクロスの特殊性。  

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/07/22 11:30

名クロッサー・佐藤由紀彦が解説する、FC東京・太田宏介のクロスの特殊性。 <Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

7月15日、FC東京-アルビレックス新潟戦の2アシストで、太田宏介は自己最多の10アシストに並んだ。

味方の能力を引き出す「特別なアシスト」。

 冒頭に「太田にしかできないクロス」と同時に「太田にしかできない仕事」であったと記した。得点源の武藤嘉紀がマインツに移籍してチームを離れながらも、チームには多くのタレントがいる。ロンドン五輪で「10番」をつけ、攻撃の中心となるべき東にアシストしたことに意味があったと感じたからだ。能力を考えれば、東はもっともっと活躍すべき選手。その彼の能力を引き出すアシストでもあった。

 太田は言った。

「左サイドで一緒にやっていても、やりやすい。点を取るためにはアイツがああいうところで中に入ってくることが大事だし、それはずっと要求してきていることでもあるので。左から来るボールを、(右足の)インサイドで合わせるのはなかなか難しいとは思うんですけど、よく決めてくれました」

 太田ばかりでなく、FC東京にとっても「特別なアシスト」だったに違いない。

 見せ場はこれだけでは終わらない。

 後半33分には左FKからニアに走り込んできた森重真人のゴールを呼び込み、昨季記録した自己最多の10アシストに早くも並んだ。

試合開始から終盤まで同じ球質で蹴れる理由。

 佐藤が語ってくれたもう一つの言葉が、頭をよぎった。

「試合を見ていると、彼が普段の練習からもの凄い量のボールを蹴っているんだなってことは伝わってきます。僕が思う、彼の一番の凄さは前半の立ち上がりだろうが、アディショナルタイムだろうが、ボールの質が同じだということ。どの状況、どの場面でも同じボールを、彼は高い質で蹴ることができる。それはやっぱり、練習で培ってきた確固たるものがあるからなんじゃないかな、と僕は思います」

 名クロッサーは、名クロッサーを知る。

 19日のモンテディオ山形戦で右太腿裏を負傷したものの、復帰にはそう時間はかからないだろう。

 相手に脅威を与え、味方の能力を引き出す太田宏介のクロス。

 次回もまた、ひと味違う極上のアシストシーンに出会えるに違いない――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
太田宏介
FC東京

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ