ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

「嘘だと言ってよ、ジョー」の背後に潜む球界群像。
~『エイトメン・アウト』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/07/15 10:30

「嘘だと言ってよ、ジョー」の背後に潜む球界群像。~『エイトメン・アウト』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『エイトメン・アウト』エリオット・アジノフ著 名谷一郎訳 文藝春秋(現在絶版)

 1919年のワールドシリーズでホワイトソックスの8選手が八百長にかかわった。“ブラックソックス・スキャンダル”と呼ばれるこの事件は球界幹部が急きょ創った独裁者、コミッショナーによる8選手の永久追放で幕引きとなった。シリーズで最高の打率を残した“シューレス”・ジョー・ジャクソンに八百長が信じられない少年ファンが「嘘だと言ってよ、ジョー」と訴えたという伝説を象徴にして、事件は苦さと感傷を交えて伝えられた。だが、実相はどうだったのか。野球とカネ、野球と裏社会の関係がむき出しになった時代と球界群像を生々しく語り、本書は複雑な事件の全貌を明らかにした。元コミッショナー、フェイ・ビンセント氏は「球界の恥部を解剖し尽くした」一冊と評した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 556文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平とプロ野球新時代。

Sports Graphic Number 881

大谷翔平とプロ野球新時代。

 

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ