プロ野球亭日乗BACK NUMBER

黒田博樹が激怒した本当の理由とは。
内角球には「自覚と技術」が必要だ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/05/01 10:30

黒田博樹が激怒した本当の理由とは。内角球には「自覚と技術」が必要だ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

黒田博樹の日本復帰のお祭り騒ぎは一段落した。しかし今回の内角騒動は、彼の存在から日本球界が学ぶべきものが無数にあるということを再確認させてくれる事件だったのではないだろうか。

謝るよりも、技術向上に取り組むしかないのだ。

 そうして自分が黙っていれば、主力打者にも同じように意思のない危険な内角攻めが繰り返される。瞬間的にそこまでの思考があったかはわからないが、投手は投手のボールの質は1球で分かる。最初の“危険球”の瞬間に「コイツの球だと……」という思いが、40歳のベテラン投手の頭に瞬時に湧き上がったとしても不思議ではないのだ。

 それがあれだけの怒りの理由だったのではないだろうか。

 藤浪は黒田の言葉に結果ばかりを反省するのではなく、過程をもう1度考えてみるべきである。そうして自信を持って、腕を振って内角に意思のあるボールを投げるにはどうしたらいいのか。そのことをきちっと追求してマウンドに立つことしかない。

 帽子をとって謝るよりも、自らの未熟さを自覚して、技術向上にストイックに取り組む。やるべきことはただ、それだけである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

黒田博樹
藤浪晋太郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ