SCORE CARDBACK NUMBER

24歳でUFC王座に挑戦。堀口恭司の強さの原点とは。
~異端の空手スタイルは通用するか~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2015/04/15 10:10

24歳でUFC王座に挑戦。堀口恭司の強さの原点とは。~異端の空手スタイルは通用するか~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

昨年9月のUFC、堀口はジョン・デロス・レイエスにわずか1RでTKO勝ちを収めた。

 ずっとこの日を待っていた。4月25日(現地時間)、カナダで開催の「UFC186」で、堀口恭司がデメトリアス・ジョンソンが保持するUFC世界フライ級王座に挑戦する。堀口は山本“KID”徳郁が仕切るKRAZY BEE所属の24歳。5歳から伝統派空手に打ち込み、MMAに転向した現在も空手をベースとする異色のファイターだ。

 ボクサー同様、MMAファイターはオーソドックスかサウスポーに分類されるのが普通。しかしながら堀口にその概念はない。試合ともなればスイッチを繰り返し、相手に的を絞らせない。

 MMAでは一番多い中間距離で闘おうともしない。距離をとりながら、大きな円を描くように動くことが多い。そしてチャンスと見るや、伝統派の空手家が見せるようなステップで瞬時に間合いをつめて攻撃を加える。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

UFC

格闘技の前後のコラム

ページトップ