SCORE CARDBACK NUMBER

進化を続ける白井健三。“ひねり王子”の新境地。
~超高難度の構成でほぼノーミス~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/07 10:10

進化を続ける白井健三。“ひねり王子”の新境地。~超高難度の構成でほぼノーミス~<Number Web> photograph by AFLO

「構成はいじらずに技の精度を上げていきたい」と語る白井。日体大で更なる飛躍を狙う。

 体操ニッポンの白井健三が、3月19日から22日までドイツで開かれた種目別競技会のコトブス国際で、ゆかと跳馬の2種目を制した。

 圧巻だったのはやはり、ゆかだ。自らの名のついた「シライ/ニュエン(後方伸身宙返り4回ひねり)=F難度」や、「シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)=F難度」という従来から使っているひねり系の技に加え、昨年11月のスイス杯から披露し始めた縦回転系の「リ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)=G難度」を組み込んだ演技構成で勝負。演技の難度を示すD得点が7.6という超高難度の構成をほぼノーミスでこなし、出来映えを示すE得点でも8.850という数字をマークした。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

白井健三
デニス・アブリャジン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ