SCORE CARDBACK NUMBER

“赤鬼”の訃報に浮かんだチーズと納豆のケンカ。
~猪木vs.ルスカ、思い出す凄み~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/03/31 10:00

“赤鬼”の訃報に浮かんだチーズと納豆のケンカ。~猪木vs.ルスカ、思い出す凄み~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1976年2月6日に行なわれた“世界一決定戦”で猪木にスリーパーホールドをかけるルスカ。

 2月16日、“赤鬼”ウィレム・ルスカ死す(14日死去、享年74)の記事を目にした翌日の朝食は、フランスパンにアスパラガスのバター炒め、オランダの名産エダムのチーズだった。お昼は和食。納豆だった。

 訃報からはや1カ月。今なおルスカの笑顔が脳裏に浮かぶ。1976年1月、'72年ミュンヘン五輪の柔道2階級王者ルスカが柔道を引退し、プロレスに転向することを表明して来日。新日本プロレスのアントニオ猪木と「格闘技世界一決定戦」を行なうと発表した。その緊迫した会見の席上で、らしくないフード対決があって取材陣の笑いを誘った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊35周年記念号>日本サッカーへの提言。

関連記事

プロレスの前後の記事

ページトップ