SCORE CARDBACK NUMBER

馬場さんを知らない世代は全日本を変えられるか。
~巨人の十七回忌追善興行に思う~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/03/01 10:30

馬場さんを知らない世代は全日本を変えられるか。~巨人の十七回忌追善興行に思う~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

追善興行が行なわれた後楽園ホールで、馬場さんの等身大フィギュアに寄り添う元子夫人。

 あなたは覚えていますか。209cm、145kgの雄姿を。“東洋の巨人”ジャイアント馬場が61歳の若さで亡くなって16年である。

 創立43周年を迎えた全日本プロレスが、創設者である馬場さんの命日にあたる1月31日、東京の後楽園ホールで「十七回忌追善興行」を開催した。昨年7月にオールジャパン・プロレスリング株式会社の社長に就任した秋山準の下、「明るく、楽しく、そして激しく」のキャッチコピーに「新しく」の1ページを加え、再興を期す大会である。

 夫人の馬場元子さんは「馬場さんの行事としては多分これが最後になるでしょうね」と涙ぐむ。それでも馬場さんと読売巨人軍同期入団の国松彰氏、アナウンサーの徳光和夫氏など約150人の出席者が居並ぶ前で、「秋山準の全日本プロレスをよろしくお願いします」と、取締役相談役として新生全日本をバックアップする強い決意をのぞかせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 517文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ヒロインを探せ!~2015►2020~

Sports Graphic Number 872

ヒロインを探せ!
~2015►2020~

 

関連記事

ジャイアント馬場

プロレスの前後の記事

ページトップ