SCORE CARDBACK NUMBER

黒田のカープ復帰決断に、米メディアから惜別の言葉。
~尊重された“金額より男気”~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/01/27 10:00

黒田のカープ復帰決断に、米メディアから惜別の言葉。~尊重された“金額より男気”~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

黒田は「悩み抜いた末、野球人生の最後の決断として」広島への復帰を決めたとコメント。

 ドジャース、ヤンキースで活躍した黒田博樹が、8年ぶりとなる古巣広島への復帰を決めた。ヤンキースをはじめ、メジャー各球団が提示したと言われる年俸15億円前後の好条件ではなく、4億円の広島を選択したことは、米球界でも話題を集めた。

 昨季終了後、黒田は「白紙」の状態でオフを迎えた。最終戦の試合後は、揺れる、複雑な心境を口にしていた。

「野球人としてはオファーがなければ、それは退く時。自分なりに考えなきゃいけないこともありますし、年齢が行けば行くほど難しくなってくると思います」

 過去数年は、毎年1年契約を結び、「いつ辞めてもいい」が、口グセのようになっていた。ヤンキースの首脳陣も黒田のスタンスを理解しており、引退の可能性を含め、今オフの動向を見守っていた。ただ、黒田の根底には、「ボロボロになって日本に戻りたくない」との美学があった。あとはタイミングだけだった。広島と3回の交渉を重ねた末、米移籍当時に「野球人生の最後は広島で」と公言した「約束」を守る決意を固めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 473文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

二十歳のころ。

Sports Graphic Number 870

二十歳のころ。

 

関連記事

黒田博樹
広島東洋カープ

MLBの前後の記事

ページトップ