Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<愛弟子の本音を問う>
松岡修造 「圭は“ゆとり世代”の天才だ」 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/16 11:50

<愛弟子の本音を問う>松岡修造 「圭は“ゆとり世代”の天才だ」<Number Web> photograph by AFLO
スポーツの魅力を伝える熱血キャスターが、
11歳から見つめ続ける愛弟子にインタビュー。
思わずこぼれた本音から、世界に挑むための
“もう一つの武器”が浮かび上がった――。

 テニスは1年を通して戦うスポーツ。年始からすでに戦いの火蓋は切られている。世界ランキング5位、日本の錦織圭選手に今年に懸ける思いを聞いた。

 全く別次元の場所にいる圭の言葉すべてが僕にとって、日本テニス界にとっての財産になっていく。迷いなく圭の口からでてきたのは昨年のクレーコートシーズンでの活躍だった。バルセロナで優勝、そして翌週のマドリッドでは決勝に進んだ。

「'14年で一番びっくりしたことです。クレーであそこまで活躍できるとは思っていなかった。クレーで自分のしたいテニスができるんだっていうことを感じました」

 浅いボールをしっかり前に入って体重を乗せて打つことができたために、相手にプレッシャーを与え、相手の動く量が増えてきていると語る圭。

 このポイントが飛躍のカギだ。

「一番は、マイケル・チャンコーチの助言ですね。プレースタイルがかわったのも彼に言われてですし、一番頭に残っているのは、トップ選手と戦うときは甘いボールを簡単にくれないので、攻撃できるチャンスっていうのをしっかりと目で見極めて中に入っていく、ということです」

 あのナダルに対しても、圭が相手を振り回していた。圭はどう感じていたのか?

「マドリッドのナダルとの決勝戦はゲームが続くにつれて自分が打つショットが全部エースになったり、常にナダルを左右に振っているという(今までにない)感覚でした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1828文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

松岡修造
錦織圭
マイケル・チャン

テニスの前後のコラム

ページトップ