ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

毒霧はなぜ美しいのか?
~“東洋の神秘”プロレスラーの自伝~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2014/12/09 10:00

毒霧はなぜ美しいのか?~“東洋の神秘”プロレスラーの自伝~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『“東洋の神秘”ザ・グレート・カブキ自伝』ザ・グレート・カブキ著 辰巳出版 1350円+税

 初めて緑色の毒霧が宙に散るのを見たとき、小学生だった僕はこう思った。「あれは何だ! やってみたいっ」。

 ザ・グレート・カブキの自伝は、激動の半生を丹念に追う力作。日プロ、全日本、SWS、WAR、新日本、そしてアメリカと旅するプロレスラーは日々さすらう。所属団体の消滅や合併などプロレス界の大きなうねりに巻き込まれながら、いつも飄々と新しい道を見つけるザ・グレート・カブキ。最初に渡米した1970年には、子供向けのアニメで英語の勉強をし、米国の運転免許も取得。以前に浅草で買った法被を羽織って入場し、人気ヒールレスラーは誕生した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 368文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ザックジャパンの遺産。~「通訳日記」で読み解く14の教訓~

関連記事

プロレスの前後の記事

ページトップ