Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<2人の通訳の助言>
フローラン・ダバディ×千田善「矢野大輔よ、モウリーニョになれ」

posted2014/12/05 11:30

 
<2人の通訳の助言>フローラン・ダバディ×千田善「矢野大輔よ、モウリーニョになれ」<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

日本代表通訳就任からザックジャパン解散まで。1397日にわたって19冊のノートに綴られた記録を一冊の本にまとめた『通訳日記』(矢野大輔著)。

矢野氏の文章を読み解くのに、この2人以上の適役はいないだろう。監督と共に情熱的に言葉を紡いできた男、指揮官の意図を巧みに伝えてきた男。同じ仕事に従事した者だからこそ分かる、日記に隠された背景とは――。

 フィリップ・トルシエ監督の通訳を務めたフローラン・ダバディ氏、イビチャ・オシム監督の通訳を務めた千田善氏。2人の日本代表経験者が、当時の経験を元に“日記”の裏側にある通訳の苦労を語り合った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3448文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

フローラン・ダバディ
千田善
矢野大輔
アルベルト・ザッケローニ
フィリップ・トルシエ
イビチャ・オシム

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ