Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<レジェンドが語るクラシコ> ティエリー・アンリ 「レアルへの勝利は無限の力を与えてくれる」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2014/10/24 11:30

<レジェンドが語るクラシコ> ティエリー・アンリ 「レアルへの勝利は無限の力を与えてくれる」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

屈辱でしかなかった、ベルナベウでの試合。

「翌年5月7日のベルナベウでの試合は、屈辱以外の何ものでもなかった。前節にリーグ優勝を決めたレアルが、試合前に祝賀セレモニーを実行したんだ。ラグビーだってノーサイドになるのは試合の後だ。それなのに勝つために出向いたアウェーのピッチで、戦う前に相手を祝福しなければならないなんて……。そのうえ試合も完敗(4-1)で、スタンドのマドリディスタたちのオーレの掛け声だけが心に残っているよ。

 でも次のシーズンは違った。ペップ(グアルディオラ)が監督になって、僕らのサッカーが変わったんだ。僕自身も、相変わらずトップでプレーする機会はほとんどなくて、左サイドが定位置だったにせよ、スペインの環境にも慣れてリラックスできた」

他のどの試合よりも、勝つための戦い。

「カンプノウ('08年12月13日、2-0でバルサの勝利)でもほぼ完ぺきだったけど、圧巻はベルナベウ('09年5月2日)だった。メッシと僕が2ゴールずつを決めて、6-2でレアルを叩きのめしたからね。勝ち点差も7まで広げて、優勝もほぼ確実にした。1年前とはちょうど真逆で、僕らはこのシーズンにはじめて三冠(リーガ、コパデルレイ、チャンピオンズリーグ)を成し遂げた。クラシコがその契機を作り出したんだ。

 もちろん内容がいいに越したことはないけど、クラシコでは何よりまず結果が求められる。僕らにとっても他のどの試合よりも勝つための戦いだった。その意味でもクラシコは特別だ。

 でもペップは、優れたサッカーを追求することで目的を達成した。実際、'08年からの2シーズンは、僕らは4連勝して一度もレアルに負けなかった。そんな時代にバルサの一員だったことに、大きな誇りを持っているよ」

リーガエスパニョーラ 第9節
レアル・マドリーvs.バルセロナ

[WOWOWライブ]
現地より独占生中継!
10月25日 深夜0:45~

『無料放送! レアルvs.バルサ直前SP』
宮本恒靖vs.岡田武史、クラシコを斬る
10月25日 午後4:30~

詳しくは⇒ http://www.wowow.co.jp/sports/liga/
レジェンドが語る 愛と憎しみのクラシコ。

関連記事

BACK 1 2
ティエリー・アンリ
バルセロナ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ