沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

秋華賞、「一強」ヌーヴォは盤石か。
伏兵の超良血馬、2歳女王はいかに? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/10/18 08:00

秋華賞、「一強」ヌーヴォは盤石か。伏兵の超良血馬、2歳女王はいかに?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

2枠4番に入ったヌーヴォレコルト。ハープスターとの再対決へ向けて、ここは完勝といきたいところだが、果たして……。

レッドリヴェールの取捨をどうするか?

 取捨に迷うのが、昨年、阪神ジュベナイルフィリーズでハープスターを破って2歳女王になったレッドリヴェール(父ステイゴールド、栗東・須貝尚介厩舎)だ。春はダービーに果敢に挑むも12着に大敗。前走のローズステークスでは、直線、伸びそうで伸びなかった。ひょっとしたら、ダービーで厳しい競馬を経験し、走ることに嫌気が差してしまったのかもしれない。能力は落ちていないのに、気持ちの問題で走らなくなってしまう牝馬は多い。だが、最後までレースを投げ出さずに走り切ったときの強さは周知のとおり。さて、買うか、切るか。

 穴人気になるかもしれないが、あっと驚く一発をやってのけるとしたら、逃げて粘っこい脚を使うマイネグレヴィル(父ブライアンズタイム、美浦・和田正道厩舎)か。安定した力を出せるようになったショウナンパンドラ(父ディープインパクト、栗東・高野友和厩舎)も面白い。

 ということで、結論。

◎ヌーヴォレコルト
○タガノエトワール
▲マイネグレヴィル
△レーヴデトワール
×ショウナンパンドラ

「一強」のときは、みながその馬をマークする特殊な流れになるせいか、ヒモ荒れになることがままある。パドックの気配次第では、ブランネージュやバウンスシャッセなどにも流すかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
ヌーヴォレコルト
タガノエトワール
マイネグレヴィル
レーヴデトワール
ショウナンパンドラ

競馬の前後の記事

ページトップ