ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

ドルトムント、湘南、アギーレ――。
「下から目線の攻撃サッカー」とは。 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/30 16:30

ドルトムント、湘南、アギーレ――。「下から目線の攻撃サッカー」とは。<Number Web> photograph by AFLO

アーセナルのラムジーを取り囲むドルトムントの選手たち。高い位置から多くの選手が連動したプレッシングは、時間の経過とともに相手の冷静さを奪い取っていく。

奪えよ、さらば与えられん。

 実際に「ハイプレス+ショートカウンター」を戦術上の柱とすれば、それがうまく機能しない場合のオプションも手に入れやすい。前で奪えなければ、後ろで奪う。それもダメなら、引いて守る。こうした下方修正が可能になる。

 攻撃にしても、第一にカウンター、ダメならポゼッションという具合にプライオリティーが明確になるのではないか。現状では憶測の域を出ないが、アギーレの頭にはそうしたシンプルな考え方があるような気がする。

 いずれにしても、新しい日本代表の命運は「奪う力」にかかっているのかもしれない。ボールを失って受けに回るパッシブなアーセナル型から、攻めに出るアグレッシブなドルトムント型へ。よく走り、よく闘え、と説くアギーレの実像は、鬼軍曹と踏んでいる。チームづくりに一切の妥協はないのではないか。ボールの偏在に真っ向から異を唱える、「下から目線の攻撃サッカー」を、ぜひ見てみたい。奪いに行かなければ、ボールも、主導権も、ゴールも転がり込んではこない。

 奪えよ、さらば与えられん――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
湘南ベルマーレ
チョウ・キジェ
香川真司
ドルトムント
アーセナル
フィリップ・トルシエ
ハビエル・アギーレ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ