Jをめぐる冒険BACK NUMBER

U-21代表のシャイな主将、大島僚太。
アジア大会で巻く腕章が変えるもの。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/25 10:40

U-21代表のシャイな主将、大島僚太。アジア大会で巻く腕章が変えるもの。<Number Web> photograph by AFLO

J1の首位を争う川崎フロンターレでも、スタメンの座を手にしている大島僚太。U-21では完全な中心選手として、アジアのトップ、そしてリオ五輪を目指している。

同世代のチームを引っ張る立場が与える影響。

 だが、いずれにしても、中村憲剛や大久保嘉人といった頼れる先輩たちから離れ、同世代で構成されたチームを引っ張る立場になって、何かを変えよう、チャレンジしてみようとしている姿には、たくましさと頼もしさが感じられた。

 パレスチナ戦の2日前には、ちょっとした苦悩も明かしている。

「いろいろやろうとしているんですけど、自分のプレーにうまく反映できてないなって。バランスも取り切れていないと思うし。だから、まずは自分の本来のプレーを出すことに集中したほうがいいかなとも思っていて」

 だが、一方で、こうも言った。

「新しい何かをなるべく見つけて、良い大会にしたいと思っています」

 大島は、そしてU-21日本代表は、今大会から何を持ち帰ることができるだろうか――。決勝トーナメントがいよいよ始まる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大島僚太
川崎フロンターレ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ