SCORE CARDBACK NUMBER

初出場の全米で見えたダニエル太郎の可能性。
~世界6位との「小さい差」とは~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2014/09/08 10:00

初出場の全米で見えたダニエル太郎の可能性。~世界6位との「小さい差」とは~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ラオニッチの高速サーブに対し、驚異的なフットワークで食らいついたが最後は力尽きた。

 四大大会初出場となった全米オープン。世界ランク6位のミロシュ・ラオニッチとの1回戦を「楽しみ」と話していたダニエル太郎だったが、3セット連取を許して敗退、大舞台を満喫というわけにはいかなかった。

 サービスゲームの力強さが勝負の分かれ目だった。「サーブが全然返せなかったのがくやしい」とダニエル。リターンがうまく返れば得意のストローク戦に持ち込めるのだが、相手のサーブが一枚上手だった。最速で225kmの高速サーブに、ダニエルは20本のノータッチエースを許した。リターンは2本に1本の割合でしか相手コートに返らなかった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ダニエル太郎
ミロシュ・ラオニッチ

テニスの前後のコラム

ページトップ