ブラジルW杯通信BACK NUMBER

歴史的敗戦をセレソンはどう語ったか。
茫然、無言、饒舌……それぞれの傷。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/09 12:05

歴史的敗戦をセレソンはどう語ったか。茫然、無言、饒舌……それぞれの傷。<Number Web> photograph by Getty Images

試合後、重い足取りで帰ってくるダビド・ルイスを迎えたチアゴ・シウバ。目は腫れ、心なしか2人の姿が小さく見える。王国ブラジルは準決勝で敗れ、3位決定戦に回ることになった。

自国開催の2014年W杯は、失敗として語り継がれる。

 フレッジの言葉が蘇る。

「この敗戦は、僕らの生涯にずっとついてまわるだろう」

 もしブラジルが3位になったとしても、その勝利は祝福されることはない。大会の行方がどうなろうが、自国開催の2014年ワールドカップは、失敗として語り継がれることになる。そしてこの試合でプレーした選手たちは戦犯として、誰もがこの傷と共に一生を過ごすことになる。

 1時間が経過した。広報が最後に現れたダビド・ルイスの背中を押す。彼らは合宿地へ戻る飛行機に乗らなければならない。

 がらんとしたミックスゾーンの片隅、ジュリオ・セザルは何か答えを見つけようとするかのように話し続けていた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
フレッジ
チアゴ・シウバ
ジュリオ・セザル
ダビド・ルイス
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ