SCORE CARDBACK NUMBER

バドミントン男子団体はなぜ世界一になれたのか。
~11年間の強化、育成改革が結実~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/06/16 10:00

バドミントン男子団体はなぜ世界一になれたのか。~11年間の強化、育成改革が結実~<Number Web> photograph by AFLO

協会は五輪メダルに匹敵する報奨金として男子に1000万円、女子に500万円の贈呈を検討。

 5月25日まで行なわれていたバドミントン男子の団体世界一決定戦、トマス杯で、日本が初優勝を遂げた。準決勝では6連覇を狙っていた大本命の中国を破り、決勝でもマレーシアを撃破。中国をはじめとする強豪国の壁の高さを考えても、まぎれもない快挙である。だがそれはまぐれではない。11年に渡る長期的な積み重ねがあったからこそだ。

 転機となったのは男女を通じて1勝しかできなかった2004年のアテネ五輪だった。大会後、抜本的な改革が必要と考えた日本バドミントン協会は韓国から指導者を迎えることを決めた。その人こそ、現在も監督を務める朴柱奉氏である。朴氏はバルセロナ五輪金メダルをはじめ国際大会で67度優勝、「ダブルスの神様」とも称された名選手である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ブラジルW杯直前特集> 日本代表23人に問う。

Sports Graphic Number 854・855・856

<ブラジルW杯直前特集> 日本代表23人に問う。

 

関連記事

朴柱奉
末綱聡子
前田美順
桃田賢斗
田児賢一
藤井瑞希
垣岩令佳
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ