SCORE CARDBACK NUMBER

苦戦続きのレッドブルが、モナコGPに向け反撃準備。
~'14年パワーユニットで活路を~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/05/23 06:00

苦戦続きのレッドブルが、モナコGPに向け反撃準備。~'14年パワーユニットで活路を~<Number Web> photograph by AFLO

昨季、N・ロズベルグにモナコGP4連覇を阻止されたレッドブルはその借りを返せるか。

 シリーズ全19戦のほぼ3分の1にあたる第6戦モナコGPは、序盤から中盤戦の分岐点となるレースだ。今年で85年を迎えるクラシック・イベントでの、'14年パワーユニット(PU)のデビューに新たな興味がつのる。

 開幕から4戦は直線主体のコースが続き、パワーアドバンテージのあるメルセデス勢が圧勝した。だが、低速レイアウトでストレートが短い市街地コースのモナコでは、彼らの最高速の強みも薄れるだろう。いくつもの低速コーナーと凹凸部分が多い公道では、シャシーセッティングは特有のものになる。グリップを確保するためにサスペンションを柔らかくし、ホイールスピンを抑えてコーナー出口での加速の安定性を追求しなければならない。ガードレール際をコントロールしやすいようにシャシーの迅速なレスポンスも必要だ。つまり一見同じでもマシンの中味はモナコスペシャルとなる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マーク・ウェバー
セバスチャン・ベッテル
レッドブル
ルノー
エイドリアン・ニューウェイ
マクラーレン
メルセデスAMG

F1の前後のコラム

ページトップ