Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<再録・独占インタビュー> アラン・プロスト、アイルトン・セナを語る。 「美しきライバルは永久に」 

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph byPaul-Henri Cahier

posted2014/05/01 11:50

<再録・独占インタビュー> アラン・プロスト、アイルトン・セナを語る。 「美しきライバルは永久に」<Number Web> photograph by Paul-Henri Cahier
「アイルトンのことを今はまだ話せない。もう少し時間が必要なんだ」
'94年のモナコでプロストはこう答えた。それから3カ月――。
ホッケンハイムのルノーのモーターホームで彼は語ってくれた。
時には涙を堪えながら行なわれたインタビューを再録する。

1994年5月1日、アイルトン・セナの死から20年が経ちます。
好評発売中のNumber852号より、アラン・プロストの
インタビュー再録記事を公開します。

――アイルトン・セナが亡くなってから3カ月が過ぎましたが、今でも日常の生活の中で、しばしば彼を思い出すことがありますか?

「キャリアのすべてとは言わないまでも、僕はそのほとんど、F1での10年間を、コース上のライバルとして、彼とともに過ごしてきた。彼が亡くなったことは、すべての人々に厳しい衝撃を与えたと思うけれど、3カ月経った今でも、ほとんど毎日、彼のことを考えているのが事実だ。フォーミュラ1=フェラーリ、あるいは、=他の偉大なドライバー、と考える人がいるのと同じように、僕にとっては今でも、フォーミュラ1=セナなんだ。僕個人にとって、セナは、フォーミュラ1を象徴する肖像であり続けるから」

――特定の状況で彼を思い出すのではなく、彼は今も、常にそこにいるということでしょうか?

「うん、今もまだ、彼を思い出させることはたくさんあるからね。昨日も、ホッケンハイムの予選の結果を見たり、それについて話している人々の言葉を聞いたりして“彼のことをどんどん忘れていってる”と思った。たとえ、毎日のように彼のことを考える人間がいるとしても、たしかに、少し早く忘れすぎる傾向はあると思う。でも僕は、今も彼のことをすごく思い出すんだ。様々なことが、彼を思い出させるから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 8924文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。
アラン・プロスト
アイルトン・セナ

F1の前後の記事

ページトップ