SCORE CARDBACK NUMBER

ドバイで圧勝劇を見せた、
ジャスタウェイが“世界一”に。
~ジェンティル以上に与えた衝撃~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/04/26 10:30

ドバイで圧勝劇を見せた、ジャスタウェイが“世界一”に。~ジェンティル以上に与えた衝撃~<Number Web> photograph by KYODO

ドバイデューティーフリーを圧勝したジャスタウェイ。昨秋の天皇賞から3連勝となった。

 世界中から強豪が集結したドバイミーティングで、日本馬が芝のGIを2勝。すでに海外にも名が知れているジェンティルドンナ(牝5歳、栗東・石坂正厩舎、父ディープインパクト)の優勝は想像の範囲内だったようだが、ジャスタウェイ(牡5歳、栗東・須貝尚介厩舎、父ハーツクライ)は海外初参戦での優勝。しかも、メイダン競馬場の芝1800mの従来のレコードタイムを2秒41も更新する快時計(1分45秒52)を叩き出し、2着以下に6馬身1/4の差をつける圧勝だったのだから、世界の度肝のど真ん中を見事にぶち抜いた。

 国際競馬統括機関連盟(IFHA)も素早く反応した。今年1月1日から4月7日までに施行された世界の主要レースを対象とした「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表され、そのトップにジャスタウェイを据えたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。

関連記事

ジェンティルドンナ
ジャスタウェイ
ハープスター

競馬の前後の記事

ページトップ