欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

本田圭佑を欧州の舞台へ導いた男。
VVV会長が語る移籍、ミラン、W杯。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byPICS UNITED/AFLO

posted2014/04/17 10:40

本田圭佑を欧州の舞台へ導いた男。VVV会長が語る移籍、ミラン、W杯。<Number Web> photograph by PICS UNITED/AFLO

2009年、チームのエースとしてVVVをオランダ2部からエールディビジ昇格に導き、ハイ・ベルデン会長(左)と抱き合う本田圭佑。

「彼の上を目指すメンタリティは本当に素晴らしい」

――会長も含めて、日本の『W杯優勝』に懐疑的な視線が送る人が多いのは確かですが、それでも本田選手はブレずにその目標を掲げ続けています。そこは先ほど話した彼特有のメンタリティのような気がします。

「正直、ホンダの性格はよくわかっています。彼は常に上を目指す選手なので、言いたいことはよく理解できます。ただ、やはり日本が優勝するのは時期尚早な気もします(笑)。ブラジルを例にとっても、彼らは歴史的にもW杯という大会に慣れていますし、そのDNAは時代が変わっても代表チームに受け継がれてきています。どういう風に大会を戦い抜いていくかも、自然と身についています。その彼らと日本を比較するのは、時期尚早だと思います。ただ、彼のメンタリティは、本当に素晴らしいものです。彼らしい思考だということもわかっています」

 日本のエースがここ数年で見せてきた成長と立身。その礎に深く関わったという自負が、端々からは伝わってきた。愛情を込めながらも、忌憚のない意見も織り交ぜる。本田との密な信頼関係があってこその、ベルデン会長の言葉の数々である。

 絞りたてのオレンジジュースを時折口にしながら、ベルデン会長の話題はさらに広がっていく。本田が去った後にVVVで研鑚を積むことになった吉田について、さらに日本との深いかかわり合いを持つきっかけとなった出来事など、滑らかな口調とともに、話はまだまだ続いていった。

【吉田麻也編はこちら

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
本田圭佑
VVVフェンロ
ハイ・ベルデン
ACミラン
SVホルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ