野ボール横丁BACK NUMBER

野球経験5年でプロ入りの上沢直之。
「お払い箱6割」の大器、3年目の1勝。
 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/04/09 10:30

野球経験5年でプロ入りの上沢直之。「お払い箱6割」の大器、3年目の1勝。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロ初登板が初先発で、初勝利となった上沢直之。これは日本ハムでは斎藤佑樹以来となる。現時点でもまだ野球経験が10年に満たないその経歴に、つい大きな伸びしろを期待してしまう。

「バッティングはほとんどやったことがないんです」

 その結果が、現在の上沢である。

 少なくとも持丸が言う「60パーセント」のうちには入らなくて済みそうだ。いや、最強打線の呼び声高いソフトバンクを初登板で6回1失点に抑えたのだから、むしろ「30パーセント」になる期待を持たせる内容だったと言ってもいいだろう。

 ただし、球歴が短いゆえのこんな心配事もある。

「バッティングは中学入ったときから、ほとんどやったことがないんです……」

 プロ入りするようなピッチャーは、高校、大学時代から投手に専念したとしても、それ以前は打者としても活躍していた選手が多い。だが上沢にはそうした経験もない。

 交流戦ではどうするのか――。セ・リーグ主催の交流戦で投げる場合、上沢も打席に立たなければならない。

 ピッチングは驚異的なスピードで成長を遂げたが、バッティングは素人同然のままだ。そのレベルで、プロのピッチャーのボールをどう打つのだろう。これからの登板も楽しみだが、打席に立つ上沢も気になって仕方がない。

関連記事

BACK 1 2 3
上沢直之
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ