NumberEYESBACK NUMBER

ソチ・パラリンピック閉幕。
アルペン選手団躍進の理由。
~森井大輝が残した、銀以上の功績~ 

text by

宮崎恵理

宮崎恵理Eri Miyazaki

PROFILE

photograph byX-1

posted2014/03/31 16:30

ソチ・パラリンピック閉幕。アルペン選手団躍進の理由。~森井大輝が残した、銀以上の功績~<Number Web> photograph by X-1

スーパー大回転で2個目の金メダルを獲得した狩野(右)と銀の森井。

金メダリスト・鈴木に自信をもたらした森井の一言。

 小2の時に交通事故で両足大腿部を切断した鈴木は、9歳で競技を始め、8年前のトリノから出場している。ストックと内足の役割を果たすアウトリガーを大きく振り上げ逆手でポールをなぎ倒すテクニックは、世界でも鈴木にしかできない。W杯で優勝しながらパラリンピックの金メダルには縁が無かったが、今大会、奇しくも事故と同じ3月13日に念願の金メダルを獲得した。その最大の要因を本人はこう分析する。

「精神面です。2本揃えなくてはならない回転で、1本目ラップをとるとどうしても緊張して硬くなることが多かった僕に、大輝さんは『猛史は世界一のスラローマーだから、普段通りに滑れば、絶対に一番だ』と、いつもスタート前に言い聞かせてくれた。それが、僕の自信につながったんです」

日本チーム全体であらゆる情報を共有して、高め合った。

 2人の20代の金メダリストが揃って名前を挙げたように、自身が一番目指していた色のメダル獲得の夢は叶わなかったが、30代の森井が選手団の中で果たした役割は非常に大きい。だが本人は、あくまでチーム全体の力を強調した。

「亮の高速系のライン取りや猛史の技術系のスキルを、僕は必死で真似ることで自分自身のテクニックを磨いてきた。本来座位ではライバル同士だが、日本チーム全体であらゆる情報を共有して、それぞれ高め合ってきました。それで、今回あれだけメダルが獲得できたのだと思います」

 今大会、若き選手たちに受け継がれたものは、また4年後の平昌へとつながっていくことだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

狩野亮
鈴木猛史
森井大輝
平昌パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ