SCORE CARDBACK NUMBER

オーガスタを襲った惨事と
マスターズの展望。
~「アイクの木」が消えた17番~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2014/03/25 10:10

オーガスタを襲った惨事とマスターズの展望。~「アイクの木」が消えた17番~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

昨年のマスターズ、ティショットを打つタイガー・ウッズの左前方に聳え立つアイクの木。

 3月を迎えると、ジョージア州オーガスタにあるオーガスタナショナルゴルフクラブが、急に忙しくなる。4月10日開幕のマスターズに出場する選手たちが、練習グラウンドにやってくる日が多くなるからだ。

 オーガスタのコースに、この冬「歴史的惨事」が起きた。

 雪嵐に襲われて、17番ホールのフェアウエイ左サイド、ちょうどティグラウンドから210ヤード付近に聳え立っていた高さ20mもある松の木が損傷し、伐採を余儀なくされたのだ。

 通称「アイクの木(アイゼンハワー・ツリー)」。オーガスタを通算45回も訪れたアメリカの元大統領アイゼンハワーが、17番の第1打を打つと、何度となくこの巨木に当たり、スコアを崩したことにちなんで名づけられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 561文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<総力特集日本代表>W杯へのラストピース。

関連記事

松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ