SCORE CARDBACK NUMBER

ビデオ判定の拡大は
審判の権威を守れるか。
~テクノロジー重視、MLBの決断~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/02/06 06:10

ビデオ判定の拡大は審判の権威を守れるか。~テクノロジー重視、MLBの決断~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨年のワールドシリーズ初戦でも、覆った判定にカージナルスのマシーニー監督が猛抗議。

 1月16日まで米アリゾナ州で行なわれていたオーナー会議で、今季からプレー中のビデオ判定の適用を拡大することが正式に承認された。これまで公式戦だけでなく、ポストシーズン中の微妙な判定が勝敗の行方を左右するケースが頻出したこともあり、機構、選手会、審判員組合の間で、過去数年間にわたって、判定拡大の議論を重ねてきた。その結果、これまで本塁打の判定に限られていたビデオ判定が、大幅に拡大されることになった。

 100年以上の歴史を持つ米球界に、ビデオ映像による判定が導入されたのが、'08年8月28日。同年9月3日、ヤンキースのA・ロドリゲスの本塁打を巡る判定が導入第1号となって以来、当該球団の監督が抗議できる権利として定着したが、その他のプレーへの判定拡大に関して、球界全体は概ね慎重論に終始していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 534文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ソチ五輪直前総力特集>浅田真央ラストダンス

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ