SCORE CARDBACK NUMBER

Wエースに中堅も充実の
日の丸男子短距離陣。
~加藤条治らがソチ五輪へ再始動~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/01/08 08:00

Wエースに中堅も充実の日の丸男子短距離陣。~加藤条治らがソチ五輪へ再始動~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

W杯帯広大会最終日の500mでリンクレコードを叩き出し、今季3勝目を挙げた加藤条治

 バンクーバー五輪で銀と銅、2つのメダルを獲得したスピードスケート男子短距離陣が好調だ。

 シーズン開幕となった11月12日のW杯ヘーレンフェーン大会初日。男子500mで加藤条治が34秒85の好タイムで優勝すると、大会3日目の11月14日には長島圭一郎が優勝した。

 長島はバンクーバー五輪銀メダリストであり、加藤は銅メダルを獲得している。2人の次の目標はソチ五輪の金メダル。4年サイクルのスタートである今季は、オフの期間を例年より長く取るなどメリハリをつけながら調整しているが、そんな中でも変わらぬ高水準を保っているのはさすがとしか言いようがない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

加藤条治
長島圭一郎
太田明生
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ