SCORE CARDBACK NUMBER

世界ジュニアで初メダル!
躍進する日本ジャンプ女子。
~要注目の伊藤有希と高梨沙羅~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2011/02/19 08:00

世界ジュニアで初メダル!躍進する日本ジャンプ女子。~要注目の伊藤有希と高梨沙羅~<Number Web> photograph by Shino Seki

世界ジュニア3位の伊藤。父をはじめ親戚にノルディックスキーの選手が多いサラブレッド

 1月26日からエストニアのオテパーで開催されていたノルディックスキー世界ジュニア選手権で、記念すべき成績が印された。27日に行なわれたジャンプ女子のノーマルヒルで、伊藤有希が銅メダルを獲得したのである。

 伊藤は1本目に93mで5位につけると、2本目に99mのバッケンレコードをマーク。見事、日本女子初となるメダルを手繰りよせた。

 高校1年生の伊藤は、2007年3月、小学6年生で出場した国際大会「コンチネンタルカップ」において史上最年少での3位となり、「スーパー小学生」と一躍注目を集めたジャンパーである。その後、体が成長するにつれて、身長と体重のバランスに苦しんだ時期もあったが、常にシニアの日本代表に名を連ねてきた。一昨年には中学2年でチェコ・リベレツでの世界選手権に出場し、17位の結果を残している。メダル獲得は、これまでのキャリアに、ひとつ花開いた結果となった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

伊藤有希
高梨沙羅
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ