Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ゴールハンターの叫び> 大久保嘉人 「どうしても得点王を取りたかった」 

text by

小宮良之

小宮良之Yoshiyuki Komiya

PROFILE

photograph byTakahiro Ichikawa

posted2013/12/19 06:01

<ゴールハンターの叫び> 大久保嘉人 「どうしても得点王を取りたかった」<Number Web> photograph by Takahiro Ichikawa
新天地・川崎フロンターレで31歳にしてキャリアハイを大幅に更新。
男は臆面もなく、自身初のタイトル・得点王へのこだわりを明かした。

 大久保嘉人は31歳にして、シーズン自己最多得点を記録した。ヴィッセル神戸から川崎フロンターレに移籍してきて以来、まるで“ゴールの鍵”を手にしたようだ。

「大人になったことで得点が取れている」と関係者は好調の理由を説明する。しかしセレッソ大阪、マジョルカ、ヴォルフスブルク、ヴィッセル神戸と取材を続けてきた筆者から見て、彼の本質は変わっていない。むしろ、得点を取り続けているからこそ落ち着いているように映る。だとすれば、ゴールに結びつくプレーそのものに真実はあるはずだった。

 自身初のJリーグ得点王タイトルを目前にした彼を訪ねた。

――Jリーグ得点王に王手(31節時点で24得点)?

「まだ取ってないよ。気が早いって(笑)」

――残り3試合で3点差。

「3点差なんて、他のみんなもあきらめていない。なにが起きても不思議じゃないよね。気を抜いたら追いつかれる。逆の立場でも、諦めないっしょ。それがストライカー」

――20点超えは初。率直に聞くけど、自己最多得点を取れている理由は?

「俺のやることは変わってない。調子がいいのは、周りの選手が気が利くから。パスを出したら返ってくる。だからこっちもまた出す。全員がそのリズムでプレーしている。今まではちょっと苛々していたかな。ボールが戻って来んから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3804文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Jリーグには俺たちがいる!~J.League Final 2013~
川崎フロンターレ
大久保嘉人
風間八宏

Jリーグの前後の記事

ページトップ