Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<Jリーグに愛された妖精> ドラガン・ストイコビッチ 「世界のどこかで必ず日本を見つめている」 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/12/18 06:00

<Jリーグに愛された妖精> ドラガン・ストイコビッチ 「世界のどこかで必ず日本を見つめている」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
選手として8年、監督として6年。名古屋を去る
決断を下した名選手にして名監督“ピクシー”が、
日本とJリーグへの尽きせぬ思いを語った。

 現役時代と監督時代を合わせると、僕はかれこれ14年も日本で過ごしたことになる。

 振り返ってみると、あっという間だったよ。もともと人生なんて短いものだけど、ほんの数日前に来日したような印象しかない。

 日本にこれほど長く留まることができたのは、すごく幸運だったと思う。実は1994年に来日した当時、名古屋を辞めてヨーロッパに戻る寸前までいったんだ。当時のグランパスは試合に負け続けていたし、つまらないミスも多すぎた。なのに監督と話し合いをしようとしても、一切聞く耳を持ってもらえなかったからね。

 そこで奇跡が起きた。フロントが監督を代えてベンゲルを連れてきたんだ。彼が名古屋にやってきたのは、クラブにとっても僕にとっても、大きなターニングポイントになった。

 以来、僕は今日まで日本サッカーに深くかかわり続けてきた。たしかにスタート直後のJリーグはいくつかの課題を抱えていた。特に気になったのは戦術面だ。ゾーンディフェンスとマンマークの違いなども正しく理解されていなかったから、組織的な守備が本当の意味では浸透していなかった。

 選手の意識の持ち方についても、完全に納得していたわけじゃない。日本人はしっかりしたテクニックを備えていたし、誰もがJリーグを盛り上げようとしていた。だけど僕の目にはプロとしての自覚が足りなかったり、責任を全うしていないように映る選手もいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2486文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドラガン・ストイコビッチ
名古屋グランパス
アーセン・ベンゲル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ