SCORE CARDBACK NUMBER

殿堂入り候補者となった
野茂英雄の輝かしい功績。
~日米球界を変えたトルネード~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/12/16 06:00

殿堂入り候補者となった野茂英雄の輝かしい功績。~日米球界を変えたトルネード~<Number Web> photograph by KYODO

今年の夏には、背番号16のユニフォームを身に着け、古巣ドジャースの始球式に登場した。

 日本人メジャーのパイオニアと呼ばれる「ヒデオ・ノモ」の名前が、久しぶりに米球界で聞こえてきた。1995年に米国へ渡り、いきなり新人王、奪三振王などのタイトルを獲得した野茂英雄氏(当時ドジャース)が11月26日、日本人として初めてMLBの殿堂入り候補者に選ばれたのだ。

 米国の殿堂は、全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属する記者の投票によって選出されるもので、75%の得票が必要とされる。対象とされるのは、メジャーで10年以上プレーし、引退から5年以上が経過した元選手で、今年の候補者は36人。野茂氏のほか、通算355勝のグレッグ・マダックス、同305勝のトム・グラビン(いずれもブレーブス)ら実力者が名前を連ねており、現実的には同123勝の野茂氏が選出される可能性は低いと言わざるを得ない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

野茂英雄

MLBの前後の記事

ページトップ