SCORE CARDBACK NUMBER

若手台頭の中で奮闘した
41歳、藤田寛之の存在感。
~2010年ゴルフシーンを振り返る~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byYuichi Masuda

posted2010/12/27 06:00

若手台頭の中で奮闘した41歳、藤田寛之の存在感。~2010年ゴルフシーンを振り返る~<Number Web> photograph by Yuichi Masuda

最終戦で優勝し、賞金ランク2位でシーズンを終えた藤田。初のツアーMVPも獲得した

 少し気の早い話だが、2011年4月に行なわれるマスターズ・トーナメントが、いまから楽しみである。

 なぜなら日本で初めてアマチュア選手が出場するからだ。

 これまで日本のアマチュアがマスターズの出場権を得るには、全米アマチュア選手権2位以内や全英アマチュア選手権優勝といった欧米の大会での実績が必要だった。

 しかし、'09年から開催されているアジアアマチュア選手権の勝者にも権利が与えられることになった。その結果、'10年の同大会で東北福祉大1年の松山英樹が優勝し、出場権を獲得したのだ。

 かつて招待状が届くのを待つしかなかった時代には、マスターズ出場は、プロにとっても夢の夢だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 530文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甦る死闘2010

Sports Graphic Number 769

甦る死闘2010

 

関連記事

藤田寛之

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ