SCORE CARDBACK NUMBER

ピーター・アーツが引退へ。
日本での最終戦への決意。
~12・21有明で集大成を~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2013/11/24 08:00

ピーター・アーツが引退へ。日本での最終戦への決意。~12・21有明で集大成を~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

K-1第1回大会から参戦。数多くの記録を樹立したアーツは「K-1四天王」と称された。

「'92年に初めて日本に来た時には、自分が火星に舞い降りたかと思ったよ。オランダと比べたら、会場の雰囲気も違えば、観客層も全然違っていたからね」

 それから21年、K-1で一時代を築き上げたピーター・アーツが、『GLORY13』(12月21日・有明コロシアム)で引退試合を行なう。

「僕はほとんどのキャリアを日本で積み重ねてきた。だからこそこの国でラストファイトをやりたかった。本音をいえば来年引退を考えていたけど、今回の話を持ちかけられた時、いいタイミングだと思ったので引き受けたんだ」

 日本での思い出は尽きない。中でも印象に残っているのは、'90年代後半にアンディ・フグやマイク・ベルナルドらと鎬を削っていた時代だという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 590文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ピーター・アーツ
リコ・ベホーベン
ダニエル・ギタ
グーカン・サキ

格闘技の前後のコラム

ページトップ