SCORE CARDBACK NUMBER

数々の武勇伝に彩られた
「勘太郎劇場」悲しき終幕。
~山本小鉄の後を追って~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2010/12/15 06:00

数々の武勇伝に彩られた「勘太郎劇場」悲しき終幕。~山本小鉄の後を追って~<Number Web> photograph by Essei Hara

現役時代は、小柄ながらパンチの効いたファイトで観客を魅了。若手を厳しく鍛え上げた

 相次ぐ悲報に言葉もない。山本小鉄さん(享年68)が死去してまだ3カ月足らず。なにもヤマハ・ブラザーズのパートナーだからといって、小鉄ちゃんの後を追うことないじゃないか。

“突貫小僧”の異名で鳴らした星野勘太郎(本名・星野建夫)さんが11月25日、肺炎のため都内の病院で亡くなった。67歳だった。

 勘太郎さんは'09年2月、脳梗塞で倒れて入院。社会復帰を目指し、リハビリに励んでいたと聞く。筆者も同じ病を患っており、人ごとではなかった。東京オリンピックの前、'64年夏からの付き合いだ。日本プロレス、新日本の巡業で寝食を共にしてきた仲である。残念でならない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

星野勘太郎

プロレスの前後のコラム

ページトップ