SCORE CARDBACK NUMBER

山本昌に勇気をもらい、
棚橋弘至の逆襲が始まる。
~IWGPヘビー級王座奪回へ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/11/21 08:00

山本昌に勇気をもらい、棚橋弘至の逆襲が始まる。~IWGPヘビー級王座奪回へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

G1決勝で苦杯を喫した小島に雪辱を果たし、自身5度目のIWGPベルト獲得を狙いたい

 地元・ドラゴンズのリーグ制覇で、沈んでいた明るいキャラが甦った。

「山本昌さん、凄いよね。45歳でしょう。完封ですよ。あれで勇気をもらいました」

 と声を弾ませるのは、13日に34歳の誕生日を迎えた棚橋弘至である。棚橋は元高校球児(岐阜県・大垣西高の外野手)で、大のドラゴンズファン。親交のある200勝投手が9月に見せた快投に尻を叩かれたのか、IWGPヘビー級王座奪回に、本気モードのスイッチが入った。

 自らを“百年に一人の逸材”と称するタナがその視野に入れているのは、早くも来春1月4日の東京ドーム大会だ。12月11日には、IWGPヘビー級選手権試合が大阪府立体育会館で開催される。王者・小島聡初防衛戦の相手は中邑真輔に決まった。だが、その試合の結果はどうあれ、「1・4のメインは俺が取る。小島だろうが、中邑だろうが、誰でも来い!」と、ドーム一点を見据えているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベースボールファイナル2010~日本シリーズ完全詳報~

関連記事

棚橋弘至
山本昌

プロレスの前後の記事

ページトップ