MLB東奔西走BACK NUMBER

メジャーとNPBの交流で化学変化が!
松井稼+岩村+岩隈=優勝なるか? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/12/15 10:30

メジャーとNPBの交流で化学変化が!松井稼+岩村+岩隈=優勝なるか?<Number Web> photograph by KYODO

11月17日に行われた入団会見で「武者震いする」とコメントした岩村明憲。新監督に星野氏を迎え、大胆な戦力補強をしている楽天は来季最大の注目チームになるだろう

メジャーでもNPBでもチームワークの大切さは同じ。

 かつて吉井理人(現日本ハム投手コーチ)がニューヨーク・メッツに在籍していた頃、面白い話をしてくれたことがあった。

「メジャーに来て初めてチームのために戦うという大切さを理解した」

 世間的には緻密な作戦を駆使するチームプレーを身上とする日本に対し、選手個々の力を前面に押し出し戦うメジャー、と捉えられている。

 ところが、実際は勝利のためにチーム一丸となって戦う選手たちの意識も高く、吉井はその姿勢を直にメジャーの現場で感じたということなのだ。そう語った時の吉井の表情が、非常に嬉しそうだったことを今でも鮮明に記憶している。

 野茂がメジャー挑戦を思い描くきっかけともなった映画『メジャーリーグ』の世界が、吉井にとってもそのまま存在していたというわけなのだ。

 1995年から今年まで日本人選手の所属するチームがプレーオフに出場を果たすという記録が続いている。それは裏を返せば、チーム一丸となって戦った末に、他の選手とシャンパンファイトに酔いしれた日本人選手がたくさん存在しているということなのだ。

日米の両リーグでトップに立つ選手がいるという意味。

 そして2002年にサンフランシスコ・ジャイアンツの一員としてワールドシリーズ出場を果たした新庄剛志が日本ハムで日本一に輝き、2005年にシカゴ・ホワイトソックスで世界一の檜舞台に立った井口資仁が、今年ロッテで日本一になった。

 ともに日本ハム、ロッテで主力を担ったわけだから、他の選手に与えた影響力は決して少なくなかったはずだ。

 松井稼、岩村もまた2007年コロラド・ロッキーズ、2008年タンパベイ・レイズでワールドシリーズ出場を果たしている。両チームともに下馬評を覆しプレーオフを勝ち上がっていき、数々のミラクルを生み出していったチームでもある。2人はまさに映画『メジャーリーグ』の世界そのままに、勝利という目的のためにチームが結束し、そこからどんどん強くなっていった……という喜びと奇跡を経験しているはずなのだ。

【次ページ】 松井稼と岩村と岩隈が揃う楽天は大旋風を起こすか?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松井稼頭央
岩村明憲
岩隈久志
東北楽天ゴールデンイーグルス

MLBの前後のコラム

ページトップ